THE SURF FESTIVAL 2019

Details

清野正孝

MASATAKA KIYONO

1980年生まれ。湘南在住の映像作家。米国、Los Angeles City Collegeで映画制作を学ぶかたわら、サーフィンに魅せられる。帰国後、テレビドラマ制作会社の助監督を経て、フリーランスの映像作家となる。サーフィンの旅をテーマにしたアートフィルム作品ではブラジルのフィルムフェスで作品賞を受賞。2018年公開のドキュメンタリー映画『WAKITA PEAK』は初の長編作品となる。

MASATAKA KIYONO